京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

12月

中学1年生 知的好奇心をくすぐる体験授業(南極の自然と地球環境との関わり)

中学1年生では、京都大学大学院人間・環境学研究科 教授の石川尚人先生をお迎えして特別講義をしていただきました。南極の特異な自然環境を紹介しながら、現在の地球環境やその地球史にわたる変遷に対する南極大陸の役割を解説いただきました。併せて、先生の南極大陸での観測・研究活動についてのお話もあり、実際南極に行きたくなった生徒もいるのではないでしょうか。

全校集会・表彰式・生徒会任命式

 2017年最後の全校集会が行われました。物事を早急に決めようとせず、じっくり考えていくことの大切さについて、校長先生からお話がありました。2018年も心の成長を大切にし、みなさんには輝いてもらいたいと思います。また、部活動やコンクールで優秀な成績を収めた生徒の表彰がありました。最後に、生徒会本部役員の任命式がありました。新しい役員には、先輩のいいところを受け継ぎながら、新しい学校を作っていってもらいたいです。

中学2年生 知的好奇心をくすぐる体験授業(ブラックホール活動)

 中学2年生では、大阪教育大学教授の福江純氏をお迎えして、宇宙についての講義と生徒とのディスカッションをしていただきました。ブラックホールとはそもそも何かなど、生徒の素朴な疑問に丁寧に答えていただきました。モンスターブラックホールの話やブラックホールを視る方法など興味深い話ばかりでした。

中学2年生 防災学習

 中学2年生は、左京消防署の方をお招きして、防災学習を実施しました。今回は、自助や共助をするために色々なことを教えていただきました。一人で、倒れている人を背負う方法、三角巾を使用した止血の方法、担架の簡単な作り方などとても参考になりました。最後に、バケツリレーをしました。その中で、初期消火の大切さ、敢えて列をジグザクにすることで速くできることも教わりました。

中学3年生 洛北サイエンス(多角形・星形多角形と線路ごっこ)

 京都産業大学理学部数理科学科から、牛瀧文宏先生をお招きし、多角形や星形多角形の内角の和についての様々な考え方についてご講義いただきました。講義の後半は、前述の内角の和の話に関連して、線路パーツを使って閉路をつくる演習を行い、生徒たちは楽しそうに線路パーツの法則について議論をしていました。

中学1年洛北サイエンス(フラクタル図形)

 京都大学大学院 人間環境学研究科教授の立木秀樹先生をお招きして、フラクタル立体についてご講義いただきました。講義の後半では、一人一人がつくった正四面体を合体させ、フラクタル立体をつくりました。高校で学習する数学的帰納法についても学び、生徒たちは熱心に取り組んでいました。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー