京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

6月

中学3年 能楽おもしろ講座

河村能舞台で「能楽おもしろ講座」を鑑賞しました。謡の体験、和楽器体験、檜舞台で歩き方体験等様々な体験の後、「屋島」の上演がありました。迫力ある演技で、生徒たちにとっては、日本の伝統文化に親しむよい機会になりました。

中学1年 府立植物園(洛北サイエンス)

中学1年生は、6月29、30日に植物園に校外学習に行きました。長澤園長様から、絶滅が危惧される多くの植物について、わたしたちは何ができるかという問題提起がありました。特に、京都や岡山と広島の県境にのみ生息しているキブネダイオウを中心に講義していただきました。植物は、動物よりも絶滅している割合が高いという事実に驚かされました。園長様のご案内のもと、植物園で育てられているキブネダイオウを観ることができました。普段は観られない植物園の工夫なども観ることができました。

中学1年 関西電力(洛北サイエンス)

中学1年生は、関西電力の橋本様、松本様をお迎えして、身近なエネルギーについて考えました。電気をどのように作っているかという話から、環境に負荷を掛けずに電気を生み出す方法について講義をしていただきました。

中学2年 宿泊研修

中学2年生は、20日~22日までの3日間、宿泊研修行ってきました。宿泊先は、京都府立青少年海洋センター「マリンピア」。この宿泊研修を通して、集団で協力して生活することの大切さや丹後の歴史を学習することができました。

関西盲導犬協会を訪問しました。

中学生徒会本部役員は関西盲導犬協会に行ってきました。盲導犬が一人前になるには、沢山の費用と時間がかかります。盲導犬は、関西盲導犬協会の方々やボランティアの方たちによって育成されます。その一助となるため、附属中学校生徒会では、今後、募金活動を計画しています。

中学2年生 洛北サイエンス(アナリストへの第一歩)

京都大学大学院薬学研究科の伊藤美千穗先生に「薬毒同源」というタイトルで、薬と毒の関係について講義していただきました。人類は遙か昔から薬を使用しており、中国の本草全書という古代の本にも毒と薬の関係性が書かれているそうです。薬の成分から、身近な毒の話まで幅広く講義をしていただき、化学にとても興味が持てる内容でした。

中学1年 校外学習(下鴨神社訪問)

中学1年生は、世界遺産である下鴨神社へ徒歩で向い、訪問しました。生徒たちは下鴨神社の長い歴史についての貴重なお話を権宮司さんから聴くことができました。また、本殿とその周辺をご案内いただきました。今回の学習で、未来に伝えるべき世界遺産について理解が深まりました。

中学2年「すくーとん(防災グッズ)」の製作(家庭分野)

中学2年生では、制服生地の残反を活用した「すくーとん(防災グッズ)」を製作しました。
 講師に株式会社チクマの福山尊氏、佐藤紫保氏と畑原謙氏をお招きし、効率よく、丁寧に作業を進めました。
 「すくーとん」の製作を通して、既存のものをリメイクし、新たなものをつくること、また、自分の身のまわりの防災についても考えることができました。

平成29年度 学校説明会

学校説明会を開催しましたところ多くの方に参加いただきました。ありがとうございました。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー