京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

第4回サタデープロジェクト(12月14日)

第4回サタデープロジェクト(12月14日)

洛北古典漫遊

清涼寺

清涼寺

名古曽の瀧跡

名古曽の瀧跡

  本年度の洛北古典漫遊は「百人一首の京都を歩く」と題し、名古曽の滝跡や藤原定家が百人一首を編纂した小倉山荘の候補地と伝わる厭離庵や常寂光寺など、百人一首に縁の深い嵯峨・嵐山のスポットを訪ね歩きました。当日は天候にも恵まれ、参加生徒22名もピクニック気分で百人一首の世界に想いを馳せられたことと思います。

スポーツサイエンス(第2回)

 今回は筋トレの科学。ただ腕立て・腹筋・背筋をしても筋肉は付かないこと。筋肉の育て方には最大筋力と筋持久力の2種類があること。効率よくトレーニング効果を生むための正しい方法と栄養面の知識,目的のパフォーマンスに関連する筋肉の名前などを学んでもらいました。「これまでのやり方は間違っていた」「何も知らずに筋トレをしていたことに驚いた」「たんぱく質!」など,刺激になったようで嬉しく思います。ぜひ部活の仲間達に正しく効率的な筋トレを広めていってください。

マネーセミナー

 AIG保険の廣瀬亮さんが、世界と日本の経済の動向を、普段の生活やニュースから解説、世の中のお金がどのようになっているのか、今後高齢化が加速する日本はどのような社会になるのか、具体的でわかりやすいお話でした。参加者からは世の中のお金の仕組みと、どうやって資産を形成するべきかがわかったと好評でした。今の日本には、こういったお金についての具体的な話を聞ける場がないので、次回講演にはもっとたくさんの人が参加してほしいと思います。

放射線を”観て”みよう~霧箱の観察~

 ペルチェ素子を用いた霧箱と、ドライアイスを用いた大きい霧箱の2 種類を使って観察を行いました。ペルチェ素子を用いた霧箱では、市販されている線源を使って、α線、β線の飛跡の観察を行い、その透過性の違いについて学びました。ドライアイスを用いた霧箱では、自然放射 線の観察もできました。観察できる条件を整えることに時間がかかりましたが、その分飛跡が見えたときの喜びは大きく、「ずっと観ていられ る」、「すごくきれい」という声が聞けました。実験は大成功!放射線についての理解も深められました。

キッチンサイエンス~お菓子を科学する~第4回~

 最終回のキッチンサイエンスでは、落雁、琥珀糖、じょうよ饅頭につ いて各グループで実施した実験の考察をまとめ、滋賀大学の加納先生・TA の皆さんの前で、ポスターセッション形式で発表を行いました。仮説の通りになった部分、予想と違った部分、さらなる疑問など、実験を通して新しい発見がたくさんあり、今後も継続して実験を続けたい!という声が多くあがっていました。

がちかん~ガチで環境を考える~

 奈良女子大学理学部の瀬戸繭美先生をお招きして、ディベート型カードゲームの「がちかん」を通して、楽しく環境について学びました。「が ちかん」は自分が国王になり、政策を「保全」 、「開発」のどちらか選択し、発展を目指すゲームです。開発を進めると様々な環境問題が起こりますが、他の国王を話術で納得させることができれば、国の発展を維持することができる可能性があります。ゲームが進むにつれて、勝利のために知識をフル活用して、力説するようになっていく様子が印象的でした。対話のなかで、環境の知識も深めることができたようです。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー