京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

2014年度

2014年度

2014年度「グローバル人材育成プログラム」
                                                    京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

                        GPI US Youth Leadership Program at Top 3 Universities
                        ~未来を生きるエリートは世界という「競技場」で勝負する~

研修の様子を洛北ブログで報告しています。

第3回・第5回オリエンテーション<英語研修>

 11月18日と年を明けて1月10日の2回に渡って、事前学習の一環で英語研修を実施しました。
 参加者は3つの講座に分かれ、このプログラム用に準備されたオリジナルのテキストを使い、様々なトピックについて英語でディスカッションを行ないました。英語を母国語とする講師陣は10年近く日本で英語を教える経験を積んだ方々で、受講者が英語を話しやすい雰囲気を上手に作り出してくださっていました。
 11月の研修では、最近のニュースについてまず小グループでディスカッションを行ないました。その後、各代表がグループで話題になった内容を全員の前でプレゼンテーションしました。後半では、3分ほどのショートスピーチの書き方の講義を聴き、「アメリカ研修で期待すること」というテーマでスピーチを書くことに取り組みました。
 1月の冬休み明けてすぐの研修では、宿題となっていたスピーチを添削してもらい、発表練習をした後、発表しました。日本社会や文化に関するディスカッションも行なわれ、アメリカ滞在中にすぐに使えそうな表現をインプットできたのではないでしょうか。
 これから出発まで、英語力に磨きをかけ、現地ではより有意義な交流ができるようにがんばっていこうと思います。

第4回オリエンテーション<プレゼンテーション研修>

 本プログラムの第4回目となる事前オリエンテーションが、12月22日(月)午後4時から、本校のコモンホールで開催されました。今回はプレゼンテーションの研修となっており、10月に受講した実践コミュニケーションスキルをおさらいした後、より理解を深め、実践につなげるアクティビティに取り組みました。
 まず、他人とのコミュニケーションを円滑に進めるための心理学ではよく使われるモデル「ジョハリの窓」の手法を使い、今の自分を客観的に捕らえました。その後、自己分析及び他己分析を行ない、参加者一人ひとりの特徴をみんなの前で発表し、よりよいプレゼンテーションができるようにディスカッションを進めました。

第2回オリエンテーション<コミュニケーション研修>

 10月10日金曜日、本校コモンホールにて、事前学習第2回目となるコミュニケーション研修を開催しました。実践コミュニケーショントレーナーである西田弘次氏を講師にお迎えし、ワークショップ形式で3時間のコミュニケーショントレーニングに取り組みました。
 試験最終日の午後であり、参加諸君のテスト疲れもちらほら見うけられましたが、講師の先生の熱意と分かりやすい講義の内容に、参加者たちは最後まで集中力を切らさずがんばっていました。講師の先生からのアドバイスで、与えられた課題を発表する生徒諸君の姿がみるみるすばらしくなっていきました。この講座で身につけたActive Listening!で現地でも積極的に交流してくれることでしょう。
 次回は11月15日(土)に英語でのディスカッションに取り組みます!

第1回オリエンテーション<キックオフガイダンス・ワークショップ>

いよいよ始まります!
いよいよ始まります!
 今年4月から少しずつ準備を進めてまいりました上記プログラムがいよいよ始動しました!
去る9月6日土曜日、本校コモンホールにて第1回事前学習キックオフガイダンスを開催しました。中学校3年生から高校2年生までの参加者は自己紹介に続いて”How to be the leaders of the next generation”というtopicについてグループ討議を行ない、グループごとに発表をしました。
 3月のアメリカでの研修に向けて、これから月1回のペースで事前学習を持ち、コミュニケーション能力の向上や視野を広げていく研修を積む予定です。

グループに分かれてのディスカッション

グループに分かれてのディスカッション

参加型のワークショップ

参加型のワークショップ

保護者も交えてのガイダンス

保護者も交えてのガイダンス

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー