京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

筑波サイエンスワークショップ

筑波サイエンスワークショップ

 平成27年12月21日(月)~12月23日(水祝)、高校1年生の4名が、京教大附属高校、立命館守山高校の生徒9名とともに、茨城県つくば市の産業技術総合研究所地質標本館(地学班)、物質材料研究機構(化学班)、高エネルギー加速器研究機構(物理班)の3班に分かれて研修を行いました。
 地学班は、ボーリングコアの解析、微化石の観察、大型化石の採掘により地層を調べることで、過去の環境やどのような自然災害などがあったのかを考察しました。物理班は、KEKB加速器で得られたデータをB-Labプログラムを用いて解析し、新粒子の探索に挑みました。化学班は、金属強度の温度による変化をシャルピー衝撃試験などを用いて測定し、そのしくみや金属の種類による違いなどを考察しました。
 最終日午後には、物質材料研究機構の会場をお借りして、3つのグループがそれぞれ研修の成果を発表し、討論しました。1日半の研修結果を短時間でまとめるという慌ただしい日程でしたが、それぞれに協力してわりやすくまとめていました。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー