京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

洛北サイエンス特別講義

特別講義

3年中高一貫コース 物質科学Ⅱ 特別講義「体のサイエンス~理学療法士からの提言~」

 1月30日(木)に、京都府理学療法士会会長・蘇生会総合病院事務長(診療技術部長兼任)の麻田博之さんをお迎えして、脳の機能とリハビリテーションの関係や、バランスの取れた食生活をはじめとする私たちの生活環境が体に及ぼす影響などについて、お話いただきました。脳卒中や小脳梗塞によって運動機能が低下した患者さんが、リハビリテーションによって大きな快復を実現した例を通して、私たちの脳が秘めた可能性について驚きを持って知ることができました。
 また、特に女性について、過度のダイエットが生まれ来る子供の発達に負の影響を与えることから、食生活を中心として運動、睡眠のバランスの取れた生活を送ることの重要性にも気付くことができました。参加生徒からは「理学療法士の仕事の必要性についてあらためて実感した」「リハビリによって新しいシナプスが繋がって、脳がある程度の機能を取り戻せるという事実はとても興味深かった」などの感想がありました。なお、本講義は京都府教育委員会「府立高校特色化事業」の一環として実施しました。

2年文理コース 地球科学基礎 地球総合環境学研究所 特別講義・見学

 2年生5,6組は1月27日(月)、3,4組は28日(火)の午後に、それぞれ総合地球環境学研究所(地球研)を訪れました。まず、副所長のMALLEE Hein(マレーハイン)先生に地球研の紹介を兼ねて地球環境の問題点などについて講演していただき、その後2班に分かれ、所内を見学しました。地下の実験施設は実験室の中までは入れませんでしたが、窓越しに室内を見ながら説明を受けました。研究室の見学では2つの研究プロジェクトの説明をしていただきました。普通の研究所とは一味違う、仕切りのないオープンな雰囲気の研究室や、文系の先生方も一緒に研究されていることなどに興味を持った生徒もいました。

2年文理コース理系 物質科学Ⅰ特別講義「薬と植物の関わり」

 高校2年文理コース理系講座では、10月18日(金)に、京都大学大学院薬学研究科の伊藤美千穂准教授にお越しいただき、講演して頂きました。実際に3種類の生薬を見せていただき、希望者は口に入れて味を確かめたり、臭いをかいだりしました。道端に生えている植物にも薬の成分が含まれていることや、ほんの少しの構造の違いによって毒性が大きく変化することに驚きました。有機化学を学習する前なので薬の構造式など難しいと感じる場面もありましたが、丁寧に解説して下さり、これからの学習の意欲が高まりました。

1年文理コース 生命科学基礎 福井県立恐竜博物館特別講義

 高校1年生文理コースでは、毎年サイエンスツアーを実施しています。今年度は昨年に引き続き、福井県立恐竜博物館を訪問します。ツアーに先立ち、9月20日(金)に福井県立恐竜博物館の中山 健太朗研究員をお招きして、福井県から発掘される恐竜化石や、中山先生が研究している、キサゴ類(巻貝)の進化について特別講義をしていただきました。

高1文理コース 物質科学基礎 特別講義「色のおもしろさと科学」

 7月考査明けの7月8日(月)3・4限に京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科繊維学系准教授の安永秀計先生を招いて標題の特別講義を行いました。「色って何だろう?」「色が役立っていることは?」との問いかけから、物理、化学、生物分野にわたり講義が展開されました。タマムシの色は光の回折で美しく見えていたり、同じ色でも脳の感じ方により見える色が違う、など興味のある話がたくさん散りばめられ、あっという間の2時間でした。生徒からも「太陽光と蛍光灯が混じっているとどんな色になるのか?」など活発な質問が複数出され安永先生も丁寧に回答していただきました。なお本講義は京都府教育委員会主催「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」として実施いたしました。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.

メインメニュー